岡山県 〇〇様 ゼファー750 エンジンオーバーホール

本日は岡山県よりゼファー750の入庫です

入庫したのがこのゼファーです!!

cimg5306_s

リンカーンカラーのゼファーですがエンジンはやや不調!

ザッパー系エンジンは新車時からの個体差が激しいので早い物では2万キロ程で不調になる物もあります!!

このエンジンは10万キロ弱なのでかなり状態の良かったエンジンと言えます

新車からの組み間違えや部品が本来ゼファーで無い部分の物も入っている事が多々あり中にはクランクメタルがゼファー用でない場合もあります

これ新車出荷時でクランクメタルを他車種のをメーカーの製造ラインで組まれていると言う事です!

あとパーツリストが組み付け順を間違えているのでOHの際パーツリスト通りに組むと異音がします

ゼファー750あるあるなのですが今回当店でOHしエンジンを綺麗にリセットします!

その前にこのゼファーのオーナー様から差し入れです

cimg5341_s

タバコの差し入れです!!

有難う御座います

そして!

地元のゼファー710とZ710FX所有の常連様より!

cimg5340_s

北海道のお菓子の差し入れを頂きました

夫婦で北海道旅行に行かれたらしいです

そして!

cimg5371_s

神戸のゼファー900の常連様よりコーヒーの差し入れです

有難う御座います

早速エンジンを降ろします

cimg5322_s

腰上を分解します!

cimg5323_s

ピストンとスリーブのクリアランスはかなり広がっているみたいでブローパイガスが腰下に回っていたみたいです!

今回のお客様も1ミリOSピストンを組み込みます!

腰下を分解します!!

cimg5325_s

腰下の状態も良好で適切にエンジンを組まれています

新車出荷時でもたまに変なのありますからね

cimg5342_s

エンジンをサンドブラスト加工しました

そしてエンジンの塗装完了です!

cimg5345_s

半艶の黒塗装です

エンジンを洗浄しクランクメタルを組みクリアランス測定をします!

cimg5349_s

そしてコンロッドメタルを交換しクリアランス測定をしてクランク・

コンロッドを組み込みます

cimg5355_s

そしてミッションを分解洗浄し組み込みます

cimg5356_s

このゼファーのミッションもとても良好です

10万キロぐらいではミッションはなんともありません

cimg5366_s

消耗品を全交換しロアケースを組みます

こちらのオーナー様もZR7のワンウェイクラッチを移植します

cimg5372_s

こいつの組み込みも注意が必要でパーツリストの部品の組み付け順は間違えていますのでパーツリスト順に組むと金属音がしますので気を付けてくださいね

cimg5376_s

オイルポンプとワンウェイクラッチを組み込みオイルパンを組んでひっくり返します

cimg5380_s

そしてターボのクラッチを移植します!!

元々ターボのクラッチが入っていましたがクラッチスプリングが純正でした!

どれだけ摩耗しているのか分からないので一応新品に交換しときました

cimg5382_s

クラッチカバーも黒にペイントです

エンジンの腰下が完成したのでシリンダーヘッドの修正をします

cimg5396_s

燃焼室とポートの掃除をしました

シートカットをすると!

cimg5397_s

このヘッドの45度面もズレて加工されていました!

右下の方が先に当たるので!

cimg5411_s

45度面は大きく凹んでいます

エンジン不調の原因はここが多くアイドリング不調やレスポンスの悪さはここからの圧縮漏れです!

45度面の加工を最小限にする為細い方に合わせて加工します

cimg5398_s

シートカット完了です!

30度と60度で45度面の幅を整えた感じです

cimg5399_s

全てのシートリングの修正完了しました

cimg5412_s

そしてバルブの研磨も完了です!

cimg5413_s

抉れていたバルブも研磨機で修正したのでこれでしっかりとバルブを密閉出来ます

cimg5420_s

バルブのすり合わせをして圧力検査をしてシリンダーヘッド完成です

cimg5421_s

フィンの研磨は無しでのオーダーです

ボーリングしたシリンダーとピストンのクリアランス測定をします

cimg5434_s

組み込むピストンは1mmオーバーサイズです

0.5もありますが殆どの人が1mmをチョイスされます

cimg5435_s

ダイヤルゲージを入れ!

cimg5436_s

測定します!!

完璧です

そしてピストンとシリンダーを組み込みます

cimg5443_s

そしてシリンダーヘッドを組みます

cimg5444_s

真っ黒エンジンはいかつい見た目ですね

カムを組みタペット調整をします!

cimg5453_s

そしてヘッドカバーを組んでエンジン完成です

cimg5459_s

半艶の黒が一番カッコいいですね

飽きない色です

次はキャブレターの点検!!

車両入庫時に3番のプラグだけがカブるんです・・・・

との事で持ち込んで下さったのがこれ!!

cimg5480_s

プラグコードを疑われていたので一応預かりましたが多分キャブレター!

点滴につないでオーバーフローの点検です!

前日の仕事終わりに繋いで次の日の朝になるとやはり3番からオーバーフローしてました!!

cimg5464_s

オーバーフローの点検は最低でも5時間必要です。

フロートバルブを新品に交換してもう一度点検します!!

今回4か所とも新品に交換しました!!

フロートバルブは肉眼では良品と不良品の区別がつきません

また新品に交換しても止まらない場合も多々あるのですり合わせが必要な場合もあります!

今回はバルブシートを掃除しただけでオーバーフローは止まりました

cimg5463_s

組んで5時間!

問題ありません

エンジンとキャブを搭載しエンジンに火を入れます!!

cimg5473_s

快調!!!