京都府 〇〇様 ゼファー750 900ccボアアップ

大変長らくお待たせしました

本日は京都よりゼファー750が入庫で関西ゼファークラブのお客様です

関西ゼファークラブの方がご来店されるのは何人目でしょうか・・・・

さすが時代のターニングポイントを作った名機ですかた熱烈なゼファーファンの単車乗りは多いですね

今回ご来店時に京都のお茶の差し入れを頂きました

cimg4552_s

有難う御座います

入庫したのが火の玉のゼファーです

cimg4553_s

走行7万キロ以上との事ですがエンジンの状態は快調

ピストンリングの摩耗によるパンチ力はさすがに低めですが目立つ異音もなくオイル交換も小まめにされているのが分かります

エンジンを降ろします

cimg4554_s

軽い転倒によりシリンダーのフィンが二か所かけているので修理します

cimg4555_s

cimg4556_s

シリンダーのスリーブを抜き取りかけた部分をサンドブラスト加工して掃除します

cimg4557_s

cimg4558_s

溶接し肉盛りをします

cimg4559_s

綺麗に復元出来ました

cimg4560_s

反対側もブラスト加工してペイントすればもう分かりません

cimg4568_s

オイルパンを割るとスラッジがまったくありません!!!

温間時にオイル交換している証拠でとても綺麗なエンジン内部です

冷間時にオイル交換しても殆ど意味がありません!!

冷間時に交換するとオイルの綺麗な部分だけ抜けてスラッジはエンジン内部に残ったままです!!

オイル交換は温間時に交換していればこの様に7万キロ走ってもとても綺麗な状態を保てます!!

そして同じ位大切なのは良いオイルを小まめに交換する!!

「高価なオイルは長持ちする」

とか

「安いオイルでも交換サイクルを早くすれば良い」

とかは都市伝説です

長距離を走破したエンジンを分解すればこのエンジンみたいに結果として残ります

cimg4569_s

クランクメタルもピカピカの状態です

カワサキの空冷四発はどれだけ過走行でも3000キロ以内に交換をお勧めします

5000キロに一回のオイル交換など論外です

大丈夫なのですが勿論このエンジンの様なコンディションは保てません

いままで何百機とエンジンを分解して点検してきましたがオイル交換は空冷エンジンユーザーにとっては生命線です

妥協はNGです

そしてエンジンを全分解しサンドブラスト加工します

cimg4580_s

下処理完了です