愛媛県 ○○様Z400FX 680ccボアアップ

大変長らくお待たせしました

愛媛県の差し入れを頂きました

cimg2838_s_s

これがめちゃ美味い

有難う御座います

本日は愛媛県のFXが入庫です

入庫したのがこの車両

cimg2848_s1

九州のお客様と同じE4カラー

地元でエンジンOHされた車両を購入されたらしいですが白煙大

買ったお店で修理をお願いしたら門前払いされたらしくご予約を頂きました

四国でカワサキの古いのをさわれるお店は無いらしく関西に来る人は多いです

まあ兵庫と四国って意外と近いのですがね

今回の客様は親子でFXに乗っているのですが父と息子で意見が全然違う

親父さんは「GPヘッドで710だ!!!」

「ワシらの時代はGPヘッドを入れるのがステータスでお金持ちがやる改造」

息子は「FXヘッドでノーマル風で!!!」

ってことで680にボアダウンしてFXヘッドを拡張して使うことに

親子で意見が正反対で中間をとってビッグブロックで680になりました

早速エンジンを降ろします

cimg2852_s

ヘッドをめくると!!

cimg2857_s

2番のピストンから上がっているみたいです

cimg2859_s

スリーブはサビてます

写真写りは良いですが実際は結構酷いサビです

こんなとこは今回やり替えるのでなんの問題もありませんが・・・・

ビックリしたのが!!!

cimg2860_s

シフトフォークを固定しているシャフトが逆から刺さってます

cimg2862_s

クラッチ側から差し込んであるので右に立ちごけでもしたら大変なことになってました

走行中に外れるとRタイヤロックしていた可能性があります

シャフトは何度かズレてハウジングに干渉したので角が削れています

これ一応愛媛ではプロのお店らしいですがはっきり言って雑・・・・・

cimg2864_s

cimg2863_s

オイルポンプネジは緩んでます

ネジ山がバカになってるのに締まるはずありません

最低でもマニュアルどーりに組んでほしい・・・・・

気を取り直し!

cimg2868_s

エンジンをサンドブラストし下処理完了です

cimg2876_s

半艶のブラックにペイントしクランクケースのボーリング完了です

cimg2879_s

550クランクに変更です

クランクメタル・コンロッドメタルを交換しクリアランス測定をしました

cimg2882_s

ミッションを組み込みます

ロアケースを組みます

cimg2885_s

こちらのお客様もネジはステンです

cimg2889_s

オイルポンプとワンウェイクラッチを組みます

cimg2892_s

ゼファーのオイルパンを組んでひっくり返します

(新品を持ち込んで下さいました)

有難う御座います

cimg2895_s

ゼファーのクラッチを移植し

cimg2932_s

エンジン腰下完成です

(クラッチカバーもバフがけされた物を持ち込んで下さいました)

有難う御座います

次はシリンダーヘッドです!!

cimg2908_s

この車両・・・OH(フルレストア)されたとのことですが・・・・

cimg2909_s

シートリングが錆びてボコボコ

酷い箇所は45度面すらありませんでした・・・・

cimg2910_s

新たに45度面を削り出します

cimg2911_s

45度60度70度で加工しました

60度と70度の間にサビの痕跡が一か所残りましたが45度面には関係ない部分(バルブに当たらない部分)なのでこれで仕上がりです

OHと言っても様々で洗って組んでOHと言うお店もあればここまでしてOHと言う店もあります。。。

これで動いていたのが不思議ですがベースエンジンの状態は悪かったのでしょう・・・

雨水が入って放置されたエンジンでないとここまでボロボロになりません

また以前分解したお店では洗浄しそのまま組んだみたいです

地元で出せる店が無いと言いますが納得です。。。。

起用なプライベーターでもこんなエンジン組まないと思う・・・

「OHしました」と言われても仕上がってしまえば中でどーなっているのか分かりません

「レースをやっている」とか

「元メーカーの人間」とか

こんな仕事の店も多いです

バブルの頃バイク4大メーカーの何処かに勤めていて勢いで独立した人も居るのですが今まで見てきて私が思うにだいたいポンコツです

簡単に考えて優秀な社員は会社が引き止めます

会社に必要ないポンコツは簡単に会社を辞めれるからです

またお客様の「見る目」も必要な時代かと思います。

料理人でもフランス料理の店・日本料理の店・中華料理の店で分かれていてお客様は選んで食事に行くはず!

バイク屋でもお店により専門(得意・不得意)が分かれます!

「バイク屋は大衆食堂化している」と言われれば確かにそうなのですが

大衆食堂の料理人がフランス料理のシェフにフランス料理で敵うはずもないのは当たりまえです!!!

シェフはフランス料理に人生をかけているからです

昔からあるお店だから大丈夫とか本に乗っているからあの店は凄いとか、の時代ではないと思います!

なのでお客様の「見る目」が必要なのです

cimg2912_s

ヘッドのシートカット完了です

cimg2917_s

バルブのカーボンを落とし45度面を研磨します

すると・・・!

cimg2918_s

1本45度面に不純物が混ざっていてちょうど45度面に出て研磨機に引っかかります!!

こいつは処分し良品に交換します

cimg2920_s

全てのバルブ修正完了です

すり合わせをして圧力検査をしてシリンダーヘッドを組み上げます

cimg2927_s

吸気ポートを拡張し!!

cimg2928_s

排気ポートも拡張のオーダーです

cimg2929_s

同じく純正風の加工です

ビッグブロックのボーリングが完了しました

cimg2937_s

こちらのお客様は赤シリンダーでのオーダーです

cimg2938_s

cimg2939_s

ダイヤルゲージを入れクリアランス測定をします

そしてピストンとビッグブロックシリンダーを組みます

cimg2944_s

cimg2947_s

そしてシリンダーヘッドを組みます

cimg2948_s