福岡県 〇〇様 Z400FX 570ccボアアップ&フルレストア

大変長らくお待たせしました

本日は福岡県よりZ400FXのボアアップとフルレストアのご依頼です

その前に!!

岐阜県のお客様よりお米の差し入れを頂きました

cimg5526_s

有難う御座います

それと!!

以前ボアアップした広島県のお客様より!!

cimg5589_s

牡蠣と広島名物のせんじ肉の差し入れを頂きました

毎年申訳ありません

本当に有難う御座います

今回入庫したのがこのFX!!

cimg5483_s

写真写りは良いですがなかなか古くなったFXです

今回のレストアはエンジン・キャブ・点火装置・マフラー変更し後は出来るだけノーマルの仕様

ネジまで純正で制作します

まずはエンジンを降ろします

しかしその前に・・・・

シリンダーを見てみると・・・・

cimg5485_s

シリンダーにプレートが刺さっています!!

と、言うか刺さっている様に見えますがよくよく考えたら

このプレート刺さっているのではなくシリンダーの金型の隙間に流れ込んだアルミ・・・・

シリンダーの鋳造工程で出来る場合があるみたいですが普通は取ってペイントをします!

しかしこのFXはこの状態で出荷されたみたい・・・・

シリンダーの製造元の点検をパスしエンジンの組み立て製造ラインをパスし新車組み立て後の点検もパスしてここにあるみたいです

さすがカワサキ・・・・・

車体右側のシリンダーなのでかなり目立つのですがさすがに不細工なので取り外してブラストします

cimg5486_s

エンジンを降ろしました

cimg5488_s

シリンダーヘッドのフィンはパテ

cimg5489_s

マニーホールドはボロボロでちぎれて折れ込んでいました

そもそもまともにエンジンも始動出来ない状態でした

キャブはOHされた痕跡がありますが根本的にキャブのOHは不可能です!

消耗したキャブを低コストでOH出来るなら上場出来る程大きな産業になります

cimg5490_s

ヘッドを取り外すとピストンの状態は良好!

まだマシと言った方が良いかな?

エンジンの分解歴はなさそうなので手直ししやすそう!

cimg5493_s

腰下を分解します

cimg5494_s

クランクメタル・コンロッドメタル共に状態が良いので殆ど走行していないエンジンみたいです

メタルのクリアランスですが新車出荷時からアバウトなクリアランスで組まれている場合もあるので、ここらの部品も測定し新品にします

cimg5498_s

車体を全分解しました

表面上は綺麗ですがパイプの内側はサビていますのでここらもブラスト加工をしてサビを完全に撤去します

cimg5501_s

サンドブラストをかけました

レストアなのでこまごました部品もまとめてブラストしました

cimg5504_s

フレームのペイント完了です

色はテカテカではなく少しツヤ消しの八分のブラックです

そしてブレーキ回りの部品もOHします!

cimg5505_s

RキャリパーとL・RのスイッチボックスとFブレーキマスターも分解し!

cimg5506_s

サンドブラスト加工!!

cimg5508_s

Rブレーキ・Fブレーキマスターのペイント完了

cimg5509_s

ピストンのサビは無かったのでシールとダストシールを交換し組みたてます

cimg5510_s

Fブレーキマスターのスクリーンは販売されていませんがゼファーのクラッチカバーののぞき窓と同じ形状で流用可能なので交換です

勿論マスターのピストンも新品に交換です

cimg5511_s

スイッチボックスもリペイント!

cimg5512_s

組み立て完了です

次はフロントフォークのアウターチューブです!

cimg5513_s

Fフェンダーを固定するボルトが1本折れ込んでいるので抜き取ります

cimg5514_s

幸い錆び付いていなかったので簡単に取れました

そしてFフォークのOHをします

cimg5515_s

分解します!!

cimg5516_s

インナーチューブは錆びてます!

おまけに曲がっています

cimg5519_s

オイルシールはアウターチューブの中で腐って一体化していました

cimg5517_s

オイルシールとダストシールを新品に交換しインナーチューブはリプロ品に交換しました

cimg5518_s

フォークオイルはヤマハの15番オイルを入れて完了です

アウターチューブは磨いて純正の色を残しつつタッチアップしました

cimg5520_s

ステムベアリングも腐っていたので交換です!!

cimg5521_s

ステムは元々組まれていたステムを修正し組み込みます

cimg5527_s

送っていただいた部品の中にも中古のステムがあったのですが黒に塗装されていましたので色が変・・・・

純正のこの部分は黒メイトなので修正できるレベルだったので修正しました

この送って頂いた部品の殆どがFXの純正部品です

cimg5522_s

小物部品もブラストしリペイントしました

オリジナルの部品で綺麗な物は出来るだけ残します

テカテカの黒にすると綺麗なのですが・・・

レストアしました感がもろに出てしまうのでここの部品もややツヤを落とした塗装です

cimg5525_s

スイングアームも同色にペイント

cimg5523_s

前後ホイールも腐食だらけだったので純正風のツヤが出るまで磨きました

ホイールの塗装も磨いて剥げている部分は同色に調合しタッチアップしてピカピカになりました

cimg5524_s

そして細かいネジ・・・・・・

どうしても見た目が錆びてぼろく磨いても綺麗にならなかったのでステンのボルトを3本使ったのですが・・・・・

cimg5529_s

ここと!

cimg5530_s

ここ・・・・

お客様がご来店されここの3本ステンでもいいですが?

と聞くと「純正がいいです」との事

ネジの形状と強度指数まで把握されているマニアっぷりです

ここのネジは錆びていますが純正を使いました

Fブレーキマスターの2本のボルトはクロームメッキでハーネルホルダーを固定するボルトは頭の形状が4のネジです

そしてウインカーを組みます

cimg5528_s

ウインカーステーもリプロ品ではなく純正ですが2本ショートだったので当店の在庫を組みます

しかし車体で、どうしても無かったネジがここ・・・・

cimg5531_s

このネジも純正で新品ASSYを購入するとこのネジが装着されて来るのですがFXの新車出荷時はクロームメッキの頭がのっぺらぼうのネジ・・・

もう少し探してみますがここのネジは見つからなかったらスミマセン

cimg5534_s

こまごましたボルトナット類も磨いて組みます

赤さびのあるネジは防腐処理をしてから磨いています

cimg5535_s

cimg5536_s

前後アクスルシャフトのナットも当時の純正

新品も購入可能ですが新車出荷時のFXは削り出しのナットで今メーカーから購入すると角が丸い鋳型から出した形状のナットが来てしまします

FXマニアが見たら分かってしまうんです

Fの足回りを組み上げます

cimg5532_s

Fフェンダーも新品に交換です

元々のFフェンダーはボコボコに凹んでいたので廃棄

Fフェンダーを固定する裏側のボルトまで純正のネジで組んでいます

ここのネジは今でもFXの時代のネジが購入可能!

右側のブレーキキャリパーは国内のFXには装着されていなかったのでFはシングルです

輸出の500や550はダブルですが国内は元々がシングルです!

カワサキ重工が右側のブレーキを付け忘れてFXを販売したのではありません

cimg5533_s

スピードメーターとタコメーターも新品ですがこれは安心して組める部品ではありません

レンズ側を下に向けて保管すると油圧が抜けてしまうので新品であっても針がフワフワふれたりメーターの中からギ―――――!!っと

音が出たり・・・・

走らせてみないと分かりませんが新品デッドストックでも8割は不調です

cimg5538_s

ウインカー本体も勿論純正!!

cimg5539_s

ヘッドライトリムも純正

リプロ品だと下のネジ2本がぴったりと収まらないんです

さすがにレンズは純正ではありません!

FXはヘッドライトのバルブが切れると単品で交換できないレンズ丸ごと交換式だったのですがここは当時物のシビエです

cimg5540_s

ブレーキペダルも新品!!

こんな部品未だに持っている人が居るのですね・・・

cimg5537_s

ヘッドライト下のエンブレムを固定する黒メイトのステーを固定するネジまで純正です

E4~は強度指数7のネジですがここはE1~3までは4のネジです

車体を組み上げエンジンに取り掛かります

エンジンを全分解しサンドブラスト加工しました

cimg5499_s