福島県〇〇様 ゼファー400 710CCボアアップ

大変長らくお待たせしました

今回は久しぶりにゼファーで福島県からのボアアップのオーダーです

入庫したエンジンがこの状態です

ゼファーなのですが3個一のエンジンにします

今回シリンダーヘッドはGPZに変更なのですがフィンの破損が大きく溶接での復元は不可能・・・

厳密にはできなくもないですが現実的な値段ではないのでアルミパテで復元する事になりました

荒く盛った状態です!

この変は全てパテです

ここのザグリの部分も綺麗に復元

また燃焼室を見ると水が入っていたみたいで燃焼室が腐っています

このヘッドはなかなか難航しそうです

サンドブラスト加工します

エンジンカバーが無かったので当店の在庫をブラスト加工したのですがオーナー様よりエンジンカバー類持ち込んで下さいました

有難う御座います

ブラスト加工してもこの部分はショットを当てる事はできませんので表面がツルツルです!

塗るとココだけ砂肌感がなくなるので塗料を調合し砂肌塗装します!

エンジンの塗装をしクランクケースのボーリングをしました

シリンダーヘッドの修正歴も言われても分からない程綺麗な砂肌感を復元しました

ガンの口径を大きい物にし硬い塗料を作り軽く噴射すればエンジンの表面の感じを復元できます

クランクケースを洗浄し持ち込んで下さった550クランクを組み込みます

フレはありませんでしたがパルシングローター装着部は修正が必要だったのでハンマーで叩いて修正しました

長年このクランクを見ているとこの550クランクが550FXに組まれていた物なのかゼファー550に組まれていた物なのかが分かります

このクランクは550FXで右に転倒したみたいです

この転倒なら問題ないレベルですが問題は左(フライホイール側)に転倒した場合です

ジェネレーターカバーが吹き飛びフライホイールがぶつかりクランクが曲がっている物があります!

一番その可能性が高いのがゼファーのサーキット走行車両

レーサーの車両は買わない方が良いです

あり得ないスピードで滑っていくので左に転倒するとクランクが曲がってしまう場合が多々あります

ミッションを組み込みます

今回はゼファーχのミッションを持ち込んで下さったのでこれを組みます

ドグ部が全てテーパーなのでギア抜けしにくいメリットがありますが

2バルブのゼファーのミッションがダメなのかと言うとそーではありません

ゼファー・GPZ400F・FX・GPもミッションの構造は同じですがクラッチの構造が違うのでギア抜けがあります。

ちなみにゼファー・GPZ400Fのミッションもクラッチの構造が進化した為ギア抜けしませんのでご安心下さい!

もっと掘り返えして話せばクラッチでもGPZ400Fとゼファーのクラッチでは

ウ〇コとケーキぐらいの差がありゼファーの方が圧倒的に高性能です

χのミッションの場合センターロックナット式なので改造車でチェーンラインを出すには不向きです!

なのでFXやGPZやZ400GPの改造車にはチェーンラインの調整幅が無くなるのであまりお勧めしません

今回はゼファーでRホイールも純正なので問題なく組めます

ワンウェイクラッチを組みオイルポンプを組み込みオイルパンを組んでひっくり返します!

強化クラッチを組み!

腰下完成です

エンジンカバー類はご自身で塗装をして持ち込んで下さっています