京都府 〇〇様 Z2 1079ccボアアップ

本日は京都よりZⅡのボアアップのご依頼です

Z2のD1なので!!!

特攻の拓のヒロシのZ2ですね

鳴神秀人のFXが私は一番好きですがヒロシのZ2もとても好きなキャラでした

なので私にとってZ2と言えばこれ!!

入庫したZ2がこの車両です

cimg5305_s

さすがにムラメタのリンカーンカラーではありません

距離も10万キロなので圧縮も低く不調気味です

早速エンジンのバラシにかかります!!

cimg5308_s

分解してみるとスラッジがエンジン内部にぎっとりでピストンも少しウエットな感じです

cimg5309_s

ヘッドのカムホルダーのボルトが2か所折れました・・・・

バカになっている箇所も数か所・・・・

オーバートルクだったみたいです

とりあえず折れたボルトの撤去作業にかかります!

cimg5311_s

ここと!

cimg5313_s

ここです!

折れたボルトのセンターに穴を空けました

古いボルトを全て抜き取り!

こいつ!

cimg5316_s

ロングヘリサートを打ち込みます

cimg5318_s

ここも!!

吸気側の3・4のホルダーが折れたのですが排気側の8か所全てバカになっているので全箇所ロングヘリサート加工しました

ピストンはかなり古い・・・・

リングもヘタリきっています

cimg5320_s

次はシリンダーのスリーブを抜き取ります

cimg5312_s

かなりの確率で緩んでいますがこのZは珍しくしっかりと圧入されていました

スリーブは交換が絶対条件ですがこの様にしっかりと圧入されている物もあります

これが当たり前なのですがね

cimg5321_s

エンジンを降ろします

ピストンを外し点検棒を入れます

cimg5324_s

問題なしです

Zのクランクはズレている物も稀にありますがこのクランクはまだ使えます!

Zのエンジンで一番注意する場所なので動いている時に音を聞いて判断しクランクを組む前に測定して判断してエンジンに組み込みます!

cimg5328_s

シフトフォークのシャフトのクリップが脱落していました

幸いズレる事無くシャフトが刺さっていたので良かったです!

cimg5327_s

マグネットは焦げているのではありません!

エンジン内部全体がスラッジで黒くなっています!

マグネットローターのガタは少々あります

cimg5329_s

クランクケースを外して部品の点検!!

クランクを外してクランクケースの点検です!

cimg5331_s

ピンの根本のクラックもなくとても良好です

cimg5343_s

エンジンを全分解しサンドブラスト加工をして古い塗装を撤去します

下処理完了です

塗装の前にマグネットローターの修理をします!

cimg5348_s

酸を流し込み隙間を掃除しハンダを流し込みます

PAMSのキットを組もうかと思ったのですが欠品中にて納期がかかるので応急処置です

と、言ってもここが分離しても機能上問題はないのですがね

問題と言えば音が出る可能性があるだけです!

ゼファーエンジンの場合スターター交換となるとエンジンの下に潜り込んでオイルパンを外して仕事をするので大がかりですがZはとても簡単に後から交換出来るのでオーナー様と相談して「後から気になれば交換する」

と言う事になりました

D1なのでキー無しタイプです!

キー無しはテーパー部が傷んでいる事はめったにありません!

このパーツもゴミパーツばかり出品されているので困ったものです

テーパー部の状態が良くても磁力の無い物もあります・・・・

テーパー部が傷んでいるとPAMSのキットを組むのが一番無難かと思います

cimg5347_s

エンジンのペイント完了です!

同じく半艶の黒塗装です

ダミーシリンダーにてクランクケースのボーリングも完了です

Z2のクランクケースだと大げさに大きく見えますがJのクランクケースとほぼ同じ大きさです!

ガスケット装着面で言うとJよりまだ小さいぐらいです

ノーマルだと眠たくなるZ2ですが強力なエンジンのベースとなるクランクケースが完成しました

cimg5352_s

クランクケースを洗浄し部品を置いていきます!

その前にクランクシャフトの測定です

cimg5364_s

フレ8/100ミリで曲がりは4/100ミリです

良品です

この測定をしフレを修正する場合もあるみたいですが基本的にそれは素人相手のパフォーマンスです!

ハンマーで叩いて芯だしをすると良くなった気がするかもしれませんが、しばらく走ると戻ります!

スプラインが甘くなると思うのでこの位のフレなら心出ししない方が良いと思います

お金の無駄です

規定値を大幅に超えている場合はさすがに交換か修正を進めますが交換と言ってもオークションに出ている物は殆どゴミクランク・・・

今まで装着されていて問題なく使えていたなら修正をお勧めします

Zのクランクって見た目・測定では良品と不良品の判断がとても難しいんです

ザッパー系のメタル式なら焼けていなければ基本的に修正は可能でエンジンの管理をしっかりしていれば半永久に大丈夫です

焼けたメタル式クランクはメッキ処理し再研磨で修正する方法もありますが万能な修正方法ではありません

メッキも0.2ミリまででそれ以上の厚みにすると剥がれてしまう場合があります!

莫大な修正費用がかかる割にはリスクあるのでお勧めしません

Zのリビルドクランクってのも微妙・・・・・

今でもZのクランクってホンマに全分解して大丈夫なのかな・・・・

って思います

Zのクランクを莫大な工賃かけてリビルドして痛い目に遭った人を数名見てきたので私はZのリビルドクランクってのを信じてません

クランクシャフトとミッションを組み込みます

cimg5365_s

ミッションも分解・洗浄・点検をして組み込みますがZもゼファーもですが一度この状態でロアケースを組んでニュートラル状態でスムーズに動くか確認します!

ロアケースを組むとスムーズに動かない物も稀にあるので注意が必要です!

と、言っても100機に1機あるかないかのトラブル・・・・

Z400FXで一機とゼファー400で一機経験があります

スムーズに動くか点検してOリング・カムチェーンを交換しロアケースを組みます

cimg5375_s

オイルポンプを組んで!

cimg5378_s

オイルパンを組みます

cimg5379_s

オイルパンも同色の黒に塗装のオーダーです

cimg5385_s

クラッチを組み込みます

クラッチは純正でクラッチスプリングは当店の強化タイプに変更です!

cimg5386_s

クラッチカバーを組みます

そしてマグネットローターにワンウェイクラッチを組みます

cimg5387_s

勿論丸ごとスターターは新品!

cimg5388_s

まだこの変は新品が出るので安心です

マグネットもガタが無くなったので音も消えますが音が気になるならPAMSのKITに交換をお勧めします!

音が出ても問題がある場所ではないのですがね

cimg5390_s

腰下をフレームに搭載します

シリンダーヘッドの修正に取り掛かります!!

cimg5400_s

燃焼室とポートを掃除しました

分解歴があったのでシートカットしてるのかな?

と、思い測定してみると!

なんと修正歴なし!!!

極上のシリンダーヘッドです!!!

Zの殆どはOHの失敗により殆どが粗悪品のヘッドですがこのヘッドはとても良好です

メーカーでの精度の悪さはありますが超長期的に使えるシリンダーヘッド

45度を加工します!

過加工を途中で止めました!

cimg5402_s

パイロットステムで1/100ミリ単位で調整し加工をしています

上の写真では45度面にまだ虫食いがあり当たり面の幅も細目で45度面の加工が足りていない状態ですがこれでOK!!

(これが仕上がりではありません)

45度面を綺麗にするのが目的ではなくバルブガイド内径に対して垂直に加工する為の面を出すのが目的です!

cimg5401_s

その反対側は規定値の倍の幅です

30度と60度で45度面の広い部分を整えます

そしたら45度面はバルブガイドに対し精度の出た45度面が出ているので純正のシートカッターで45度面も虫食いを研磨し取り除きます

cimg5405_s

最後の仕上げで純正のシートカッターを使い45度面を仕上げて45度面の当たり面の幅が規定値になる事を見越してのシートカットです

シートリングの精度を限りなく出し45度面の加工を必要最低限にとどめる加工です!!

殆どのZのヘッドは過去にOHした時にいきなり純正のシートカッターで加工されたり外注に出し同時3面加工機でシートカットされヘッドを短命化させてしまっています!!

工賃払って壊されているZが殆どです

Z専門店?とか言いながら本当に精度の良い加工をしているお店はほんのわずかです

エンジンのOHをしたらヘッドをどんな加工をしてシムの厚みまで伝えるお店もあれば蓋しておしまい!

って店もあります!

純正のシートカッターでいきなり加工するお店が8割

外注で加工してもらうお店が1割ってとこですかね

また外注先がここまで考えて加工しているかは不明・・・・・

本当にZも状態の良い物が減りました・・・・

上記で書いた様に殆どが人為的ミスです

cimg5408_s

この加工を8か所!!

珍しく程度の良いヘッドだったので細かく書きましたが勿論ゼファーやFXにも同じ加工をしています

400エンジンは調整しろがたっぷりあるので腕が良ければ4、5、6回は問題なくOHできますがゼファー750・Zは調整しろが少ないので失敗は許されませんし前にOH歴があるとここまで良いヘッドには仕上がりません

ちなみにこのヘッドなら孫の代に受け継がせて孫がOHしたいと思ったら余裕をもって低コストでOH出来ます

ヘッドの面に少し腐食がありますがまったく問題なし!!

やたらと面研するお店もありますがこれも素人向けのパフォーマンスです。

バラス度に歪を測定し少しでも歪んでいたら「面研!!」と繰り返す人も居るのですが0.3程の歪であれば全く問題ありません!

0.4を超えるとさすがに面研を進めますが0.1や2でやたら面研はやりすぎです

無駄に工賃を払いエンジンを短命化させる様な物でシリンダーベースの厚みで調整したりもありなのですが0.5以上のシリンダーベースパッキンはゴミパーツです

ベースパッキン2枚重ねるとか論外です

雑誌なんかでは平気でそんな改造が書かれていますが空冷エンジンチューナーはそんなリスクをお客様の車両には進めないと思います

cimg5414_s

バルブの研磨をしました!

cimg5415_s

45度面を研磨機で修正しました

シリンダーヘッドを組みます!!

カムメタルを交換しヘッド単品でタペット調整をします!

cimg5423_s

カムメタルを新品に交換するのは絶対条件です

カムが遊び異音の原因になります!!

ただでさえ変形したヘッドが多いのでここも注意が必要です

cimg5424_s

カムを組みシムの厚みを見ます!

cimg5422_s

ここで調整するとヘッドを組んでからの調整がとても楽です

ヘッドに組んでからもう一度調整するのですが見当違いに薄いシムを入れると2度~3回はやり直しが必要です

ちなみに現在はバルブステム研磨なしで2.50が一番薄いシムです

とても良好!!

次もその次も余裕をもってヘッドのOHが可能です!!

cimg5425_s

シリンダーヘッド完成です

フィンの側面は研磨しました

次はシリンダーのクリアランス測定をします

cimg5441_s

ダイヤルゲージを入れ!!

cimg5442_s

測定完了です

当店オリジナルの強化スリーブでクロスハッチは深めの設定です

そしてピストンとシリンダーを組み込みます

cimg5448_s

強力な77ミリピストンです

Zのエンジンは75ミリを超えてからが技術が必要です

シリンダーの構造の見直しやシリンダーベースパッキンの精度も必要です

またシリンダーベースガスケットもメーカーによってバラバラなんです

75mm以下のピストンならとても簡単なのですがね

素人のお店やプライベーターでも基本が出来ていれば組めます

cimg5449_s

スキッシュエリアも0.5mm高めの設定です

cimg5450_s

勿論アイドラーギアやローラー類も全交換です

cimg5451_s

そして先ほどリビルドしたシリンダーヘッドを組み込みます

このエンジンはZ1ではなくてZ2です

Z2クランクでもリッターを超えるので羨ましい

しかもショートストロークでハイレスポンス化されたエンジン

Z2のエンジンに秘められた底力を引き出します

cimg5458_s

カムシャフトを組みシムの調整をします!!

1・4を上死点にして調整!!

次は2・3を上死点にします!

cimg5457_s

このシリンダーヘッドはハイカムを組まれた痕跡もないのでINの1番のみ2・3番上死点で0.05薄くなりましたが他は問題なしです

ステム研磨なしで2.45が一番薄いシムです

過激なカムと強化バルブスプリングを組むとカムホルダーが変形し

1・4と2・3時で大きくクリアランスが変わります

cimg5472_s

ヘッドカバーを組みエンジン点火

とてもいいレスポンスです

メカノイズも消え快調!

Z2のショートストローククランクにメイドインジャパンの77ミリ

タコメーターが一気に跳ね上がります

これから試乗です