広島県○○様 ゼファー750エンジンオーバーホール

本日はゼファー750のエンジンオーバーホールのご依頼です

入庫したのがこのゼファー750です

cimg3952_s

こちらのオーナー様はフレーム塗装もします

車体を全分解します

cimg3954_s

エンジンを降ろし!

cimg3953_s

フレーム単品にします

そしてサンドブラスト加工します

cimg3955_s

下処理完了です

話は変わりますが先日!

「火垂るの墓」が放送され嫁と見たのですがたまらない・・・・

独身の時に見るのと親になってから見るのとでは全然違う映画ですね

兵庫県の西宮の話しの映画ですがその映画を見ながら思い出した事があります

実家の近所の爺さんの体験ですが幼少期を兵庫県の加古川市で過ごしたらしいのですが米軍機が来て焼夷弾を落とされ子供ながら必死に逃げ回っていたらしく線路の近くの防空壕に逃げ込んだらしいのです。

「助かった」と思ったらしいのですが大人に

「ここは満員や!!出ていけ!!!」と投げ出されたらしいのです。

泣きながら必死に海まで逃げやっと空襲が終わった・・・と

歩きながら家のあった場所に帰っていると線路近くの防空壕に焼夷弾が直撃していて

中の人は全員焼け死んでいたらしいです・・・

その時「自分は神様に生かされたんや・・・」

「残りの人生を意味あるものにしよう」と思ったらしいです。

昔を知らない私にはとても難しく頭で分かってもその爺さんがその時感じた感覚は想像すら出来ませんが私は交通事故で一度死にかけ右足に後遺症があります。

利き腕の右手も複雑骨折して不自由ですが命があって歩けて右手も動く。

時々歩けなくなるぐらい痛みますし手も少し不自由ですがその度に

「神様が生かしてくれて仕事が出来る手足を残してくれた」

と思う様にしてます。

もし完璧に身体が完治すると多分この気持ちは忘れてしまうでしょう

入院していると健康な身体がどれだけ良いかと体感出来ますが完治すると

その時の気持ちって忘れてしまうのが人間なんですよね

次はフレームの塗装です

cimg3957_s

色は艶消しの黒です

竹炭に近い色です

この色はゼファーユーザーにとても人気です

エンジンは半艶の黒にしてエンジンとフレームで少し色を変えるとまたカッコいいんんです

車体を組み上げます

cimg3958_s

組み上げ完了です!!

カッコいい!!

エンジンに取り掛かります

cimg3964_s

腰上を分解

程度良好

cimg3969_s

エンジンを全分解しサンドブラスト加工します

エンジンのペイントも完了です

cimg3973_s

こちらの半艶のブラックでフレームより少しツヤがあります

クランクメタル・コンロッドメタルを交換しクリアランス測定します

cimg3979_s

ミッションを点検すると!!・・・・

動きが変!!

ニュートラルの状態でもスムーズに動きません!

cimg3980_s

原因はセカンドみたい!

超マイナートラブルです

cimg3981_s

中のブッシュが綺麗に収まっていません

この部品を製造しているのは兵庫県北部のY工業・・・・

60歳ぐらいのババアがNCを使い制作してます

ここのブッシュは非分解で購入となるとアッセンになります!

ここはプレスでブッシュを正規の位置まで戻します

cimg3982_s

ほんの0.5ミリほどなのですがこれだけでミッションの動きが全然違います

何百とエンジンを分解してきましたがこのマイナートラブルはこれで2度目

ある意味ラッキーなのかな?

Z650は焼けるトラブルがまれにありましたがゼファー750ではまずないのです!

このまま走っていると焼けていたかもしれませんね

cimg3984_s

スムーズに動く様になりました

cimg3987_s

ミッションを組み込みます

cimg3992_s

消耗品を全交換しロアケースを組みます

オイルポンプ・ワンウェイクラッチを組みます

cimg4003_s

こちらのオーナー様もZR7のワンウェイクラッチです

オイルパンを組んでエンジンをひっくり返します

cimg4006_s

クラッチを組みます

クラッチはターボの物を流用です

cimg4043_s

クラッチカバーを組んでエンジン完成です

cimg4013_s

シリンダーヘッドの修正をします

cimg4015_s

このヘッドはかなりシートリング45度面がズレています

左上は規定値ですが!

cimg4014_s

反対の右下は規定値の3倍以上の当たり面の広さ

純正の工具では修正不可能なレベルです

ゼファー750エンジンでもかなりの個体差がありこの様なヘッドはバルブの密閉率がとても悪いです

バルブガイドの摩耗にもつながりますしバルブからの圧縮漏れも発生します

OHしてもらったのに吸気側(キャブからの吹き返し)が走行中に多い

って人多くないですか?

エンジンを修理する人の腕が悪いとそうなります。

原因はバルブの密閉不良です

ノーマルでエアークリーナー装着してると殆ど分からないのですが改造車などで直キャブだとよくわかります

cimg4016_s

45度60度70度30度の4面加工で修正しました!

45度面も最小限にとどめているので極端な薄いシムを入れる必要もありません

いくら良いピストンで良いボーリングで大金を叩いてもシートカットが悪いと台無しです

すり合わせ・圧力検査もとても大切です

今日も地元のお店で腰上オーバーホールしたけど不調・・・・

と言うお客様がご来店されました・・・

腰上のOHで40万だったらしいですがキャブからパスッ!パスッ!と吹き返し圧縮漏れしてました

もったいない・・・・

アイドリングが不規則で始動性も悪くなったらしい

今までもありましたがオーバーホールに出して前よりも調子が悪くなったお客様も多く分解してみると「これは手間暇かけて逆に悪くなってるやん」ってのも多く見てきました

一番多いのがシートカットの失敗

次はボーリングの失敗

その次は組み立てミスです

ミスされてから来る人も多いんです

それが原因でバイクを降りてしまう人も・・・

誰にも得意分野があり私は原付のタイヤ交換や外装の脱着なんかはとても遅いし一般のバイク屋さんみたいには出来ません

経験・設備の差があるからです

バルブのカーボンを落とします

cimg4025_s

そして45度面を研磨機で修正します

cimg4026_s

修正完了です!

cimg4032_s

すり合わせをして圧力検査をしてヘッドを組みます

cimg4033_s

シリンダーヘッド完成です

滋賀県の900エンジンのオーナー様同様真っ黒の仕様です

cimg4044_s

シリンダーのボーリング完了です

cimg4045_s

スリーブ内径のクリアランス測定をします

cimg4046_s

測定完了です

Zのエンジンの場合はスリーブ交換が絶対に必要ですがザッパーエンジンはスリーブ外周のクリアランスが5/100から7/100ほど効いているので緩む心配はありません!

Zのシリンダーは緩んでくるのではなく元々の加工精度が悪かったのが原因!

cimg4048_s

久しぶりの1ミリオーバーサイズピストン

POSHの820は論外・ワイセコは耐久性能無視なので900にするまでの補修用ピストン・コスワースは安全ですが高額・・・

純正の1ミリは費用相対効果で良いと思います!

ノーマルでも丁寧に組めばパワーアップを体感出来ます

さすがに900と比べると圧倒的にパワー不足ですが

cimg4047_s

ピストンとシリンダーを組み!

cimg4049_s

ヘッドを組みます!!

実は今月東京都のお客様のゼファー400ベースのエンジンも制作中・・・

cimg4050_s

排気量制限があるので勿論レギュレーション違反は出来ません

ヘッドが短命化してでもパワーを絞り出す

って事で1グラム軽量バルブでウエスト加工

バルブガイド撤去

cimg4051_s

タペットカバー穴あけ

この加工は出来なくなりました

最後の超鋼刃が折れてしまったからです

次の刃が出来るのは10ヶ月後・・・・

一本8000円もするのに・・・・

cimg4068_s

カムはヨシムラのハイカム

ハイカムもエンジンを短命化させるパーツですが排気量制限のあるサーキットでは必要なパーツです

cimg4069_s

作業台がエンジンで一杯なので台車の上で組み上げです

広島のゼファー750のOHに戻ります

cimg4053_s

カムを組みタペット調整します

cimg4054_s

エンジン完成です