静岡県〇〇様 Z400FX 570ccボアアップ

大変長らくお待たせしました

本日は静岡県よりボアアップで今回のオーナー様も二機目のボアアップです

入庫したのがこのFX!!

cimg5767_s

このカラーを見たら「あ!知ってる」

と言う常連様が多数

FX乗りの中では有名なチームですね

オーナー様の手によりこの車両も徹底的にカスタムされています

関東のショップでカスタムされた車両らしいのですがかなりオーナー自らの手で手直ししたらしいです

それと以前GPZを710にボアアップした静岡県のお客様よりミカンの差し入れを頂きました

cimg5735_s

有難う御座います

エンジンの内部はどうなっているでしょう!

早速エンジンを降ろします

cimg5769_s

ヘッドを外すと!

cimg5776_s

メーカー純正の0.5ミリOSピストンでした

しかし・・・

シリンダーヘッドを見ると・・・

cimg5777_s

カムホルダーのカムシャフト保持部が全箇所ガリガリです

使えるシリンダーヘッドか調べないといけません

cimg5778_s

ピストンも細かい傷が全面にあります

写真では綺麗に見えますが再起不能です

それよりも一番気になったのがクランクケース

cimg5779_s

ドライバーでゴリゴリするとセルモーターの下にパテがてんこ盛りに塗られています

なんで?なんで?・・・・滝汗

こんな部分転倒しては損する部分ではないし・・・・

Zのエンジンなら6mmボルトを一本抜き忘れてジャッキボルトを押し込みここがクラック入っているクランクケースは稀にありますがFXでは割れる部分ではありません

あとで点検します

cimg5780_s

腰下の内部は問題なし!!

いや・・・

問題ないのですが気になる部分がある・・・

それも後回し

そも前にシリンダーヘッドが使えるかを調べます

cimg5783_s

カムシャフトを組みカムホルダーの部分が摩耗していないかを調べます

cimg5784_s

ドライバーを差し込みクリアランスを調べます

サイドスタンド側が少々摩耗ありますがなんとか使えそう

cimg5785_s

カムシャフトも少し傷がありますがこれぐらいなら問題ありません

cimg5786_s

カム山を見るよりカムホルダーの部分の摩耗トラブルが一番多いです

FX等のザッパー系エンジンではの話しです

Zなどのエンジンは別です

ハイカムシャフトに問題がある事が多々あり純正カムの加工品はカム山にトラブルがかなり発生します

またZは過激なハイカムと強化バルブスプリングを入れカムホルダーが変形している物がとても多いです!!

このFXの場合恐らくエンジン内部に異物が入っていたと思われます!

ピストンもシリンダーヘッドもそれが原因で傷だらけになっていると思います!

エンジン内部で気になった箇所はここ!!

cimg5789_s

クランクメタルだけ不自然なほど綺麗

新品です!

cimg5788_s

カムメタルは傷だらけ・・・・

これはあり得ない事です

クランクメタルを通過した後にコンロッドメタルにオイルが行くのでコンロッドメタルだけが綺麗な事はあり得ません

何故かと考えたのですが恐らくクランクメタルが摩耗し異常な音がしたのかエンジンをひっくり返してクランクメタルのみ後から交換されたと言う事です

クランクシャフトが無事なのでここは良しとして!

貴重なクランクケース!!

パテを剥がしてクラックチェッカーで点検します!

cimg5782_s

しかし!

なんも問題ない・・・・

裏も点検しましたがクラックはありません

なぜここにパテがあったのかは不明です・・・・・

エンジンをサンドブラスト加工します

cimg5790_s

下処理が出来ました

すると・・・・

cimg5792_s

塗装の下からクラックが出てきました

cimg5794_s

こんな場所が割れているのは初めてです

カムホルダーのボルトを長いのを押し込んだとしか考えられません

上から塗装されていたので気づきませんでした

このシリンダーヘッドを修理するか交換するか・・・

カムホルダーも傷があるしシートカットされて激薄の2.10のシムが入っているし

cimg5821_s

シートカットを深く加工し過ぎなんです

ステム焼き入れして調整できるのですが手間がかかる割には良いヘッドにならない・・・・

これを修理するより交換の方が良いと判断したのでこのヘッドは使わず当店の良品に交換する事にしました

cimg5795_s

上のシリンダーヘッドに交換します

cimg5796_s

塗装完了です

色は定番の半艶のブラックです

シリンダーヘッドもブラストして同色にペイントです

cimg5798_s

カムシャフト保持部もとても綺麗!!

Z400FXではなくZ500のヘッドなのですがまったく同じ物です

都市伝説で「550・500のヘッドの方がパワーが出る」ってのを聞いた事がありますが400と全く同じです

バルブの素材が違うだけです

エンジン内部の部品を洗浄しクランク・コンロッドを組みます

cimg5804_s

勿論クランクメタルも交換ですが通常より厚めのメタルが適合しました

cimg5799_s

クランクメタル・コンロッドメタルの交換・調整が完了しました

cimg5801_s

ミッションを組み込みます

状態良好です

しかし!!

cimg5806_s

シフトドラムの位置決めをする為のバネ式のニュートラルポジションのスプリングを点検すると!

cimg5805_s

折れていました

超マイナートラブル!!

このスプリングが折れていたのは今までで初めてです

ある意味ラッキーなのかもしれません

cimg5807_s

ロアケースを組みます

cimg5808_s

エンジンのネジはステンレスに変更です

cimg5813_s

ワンウェイクラッチとオイルポンプを組んでオイルパンを組みます

cimg5814_s

ロックハートのオイルクーラーが装着されていたのでここはメクラボルトを入れます

ロックハートは3番のコンロッドメタルの潤滑不良を引き起こしやすいのでオイルを冷やすメリットよりコンロッドが焼けるリスクの方が高いのでオイルクーラー無しで行きます

cimg5816_s

一次減速は550を流用します

強化クラッチを組み込み!

cimg5817_s

エンジン腰下完成です

cimg5819_s

次はシリンダーヘッドに取り掛かります!

cimg5822_s

ヘッド内部のカーボンを掃除しシートカットします

cimg5825_s

シートカット歴がありましたが最小限の加工だったのでとても状態よしです

cimg5826_s

全てのシートカット完了です

cimg5833_s

バルブのカーボンを落とします!

cimg5834_s

そして45度面を加工しました

EXバルブの2番が曲がっていたので良品に交換しました!!

なぜ曲がっていたのかですがヘッドを見れば分かります

cimg5823_s

ここは1番の燃焼室ですがピストンが焼けた痕跡があります!!

ここを修理し走らせ!

cimg5824_s

ここにもピストンの打近があります!!

このヘッドを提供して下さった方はZ500で走行していて1番を焼いてしまい

次にヨシムラピストンで600にしたらしいのですが2番のコンロッドが焼けてしまったらしいです

幸いシートリングが無傷だったのでこのヘッドは問題なく使えます

「困った人に使って下さい」と寄付して下さったのですが最近はFXヘッドも外観が悪い物が多くなりました!

cimg5835

ここが綺麗なので気持ちよくヘッドを組めますが!

念のためヘッド単品でタペット調整します!!

cimg5836_s

ステムヘッドの研磨焼き入れ必要なしです

cimg5837_s

両方点検しました

ここで調整してもヘッドを組むとまた調整をする必要があるのでここではクリアランスの幅を見るだけです

cimg5838_s

吸気ポートを拡張し!

cimg5839_s

排気ポートも拡張しました

cimg5840_s

ヘッドの側面は研磨無しのオーダーです