神奈川県 〇〇様 ゼファー750 900ccボアアップ

大変長らくお待たせしました

本日も神奈川県からで久しぶりにゼファー750RSの入庫です

先月に引き続きまたまた神奈川県から!

神奈川県のお客様も昔から多い傾向にあります!

久しぶりにゼファーが入庫したので月末になると地元のゼファーユーザーが大勢見に来ると思います

最近FXが連発で来ていたのでFX乗りにとってはたまらない状況だったのですがゼファーユーザーは退屈だったらしい・・・・

入庫したのはこの車両です

スポークホイールのZ1仕様

やはりゼファーもいいですね

FXに比べ手直しする部分が殆ど無く点火装置も滅多に故障しません

今回はFCRに変更ですがノーマルキャブでも結構走るので低コストでパワーアップ出来ます

それに車両価格が高騰してきているので資産価値が下がらないメリットもあります!

アメリカ人の富豪で古い車が好きな人は「旧車は値崩れしない」とよく言っていましたがまさしく今後はゼファーがその車両になると思います

エンジンを降ろします

このエンジンは中期の時代のエンジンでエンジンの金型は後期ですがエンジンの中身は初期のモデルです

この時代はカワサキも問題点が次々出てきて試行錯誤を繰り返していた時代なので部品もあちこち変更していく時代なのですが殆ど意味がない見当違いな場所を変更していったのです

唯一ここは良いな!と思ったのがシリンダーヘッドですかね!

ヘッドカバーを固定する一番隅っこの4か所のボルトが貫通だったのが袋になりオイル漏しにくくなったぐらいでしょうか・・・・・

後は色々変わりましたが殆ど効果がない仕様変更でした

ヘッドカバーを外します

カムは交換予定ですがヘッド周辺のトラブル・組間違えもありません

新車でも組み間違えがあるので注意が必要です

腰上は良好です!

クラッチは交換歴がありますが一番手前と一番奥のプレートは中古が入っています

タイプGに変更なので問題無しです

プライマリーテンショナーの装着部に金型から出したままの大きなバリがあるのでこいつは取り除きます

マスキングしてブラスト処理完了です

エンジンをペイントします

半艶の黒でクランクケースもボーリング完了です

クランクメタルを新品に交換しクリアランスを測定します!

次はコンロッドメタルを交換し測定します

測定完了です

そしてミッションを組みます

ギア抜けもなく良好です

そして持ち込んで下さったZR7のワンウェイクラッチを組み立てました

消耗品のチェーン・シール類も交換しロアケースを組みます

プライマリーテンショナーの部分のバリも綺麗に撤去しました

これはゼファーのC7以降装着されます

腰下からの異音の対策として追加された機能ですがなんの意味もありません

「元々装着されていたら付けましょか」ってレベルの部品です

ワンウェイクラッチとオイルポンプを組み込みます

オイルパンを組んでひっくり返し強化クラッチのタイプGを組みます

そしてクラッチカバーを組みます

エンジン腰下完成です